100日続けて100日後に成長した自分をプレゼントする「100日チャレンジ」失敗しました!

今年の秋、『音楽×◯◯の研究所 plusLabo』(以下ぷららぼ)というオンラインコミュニティでメンバーが100日チャレンジというアイディアを投げてくれました。

僕は毎日コツコツが苦手で、物事は一気にやってしまう傾向にあるのでこの機会に毎日コツコツ何かをする習慣をつけていこうとチャレンジをはじめました。

https://twitter.com/igu_shin/status/1037152353231630336

100日チャレンジに挑んだこと

チャレンジすることは2つに絞って、当時の記事にはこんなことが書いてありました。

  • 楽典と和声の勉強をイチからやり直す

夏の吹奏楽部レッスンの中で講師の先生同士の会話についていけず恥ずかしくなった。

  • エレキベース特訓

吹奏楽でコントラバス奏者が弾くことが多いエレキベースですが、コントラバスとは似ているようで別の楽器。これまで「専門外なので」とあまり弾いていなかった(弾けなかった)エレキベースを勉強したい。

毎日コツコツ、楽典の勉強とエレキベースの練習をやっていました。

小さな変化が嬉しい

100日チャレンジ、はじめてみると面白くって毎日少しでも楽典とベースに触れては手帳にシールを張りを繰り返していました。

途中、地方へ泊まりで仕事に行く時もエレキベースを積み込みホテルに持ち込んで指が動くように練習をしていました。

チャレンジをはじめて1ヶ月半ほど毎日やっていると、吹奏楽指導の仕事でいつもと違う楽譜の見方ができるようになったり、エレキベースは中々開かなかった指が少しずつ開くようになりました。

こうした小さな変化を感じることがチャレンジの楽しみでした。

チャレンジが途切れた日

毎日コツコツとチャレンジをやっていましたが、10月下旬にチャレンジが途切れました。

レッスンの帰りに信号待ちをしていたら前の車が突然バックしてきて追突。

事故ってしまい、警察が来て現場検証や聞き取り調査をして夜中に帰宅。

相手が逃走してしまった(捕まりました)ことから泣き寝入り覚悟のやっかいな事故でさすがに精神的に疲れてしまい、そのまま寝てしまってここでチャレンジが途切れてしまいました。

で、翌日から再スタートをしましたが、一度途切れてしまったからかその後は100日チャレンジを忘れたかのように何もしなくなりました。笑

100日チャレンジに失敗して

100日チャレンジが12月13日で結果は100日中47日間の継続でした。

47日間の中で感じた変化は、楽譜の見方が変わったこととベースの指が動くようになったこと。

そして、自分は習慣化されつつあるものが一度途切れると戻ってくるのが大変ということを学びました。

おわりに

今回の100日チャレンジは失敗に終わりました。

得るものもありましたが、結果は続かずでした。

チャレンジ初日に結果報告を書くと宣言していたので、遅くなりましたが結果報告でした!

それでは、また!

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。