ダイソーの三角スティックのりが楽譜の製本に便利すぎた。

昨日、楽譜を製本するため「のり」を買いにダイソーへ行ったら興味深いものを見つけました。

三角スティックのり。

見るからに楽譜の製本に役立ちそうじゃんって思って早速購入。

使ってみたら、想像以上に使いやすくてびっくり!

角も端っこもきれいに塗れる

写真を見てわかるように、三角形になっているから角もきれいに塗れる。

特にのり付けしたけど一部分だけペラっと剥がれちゃったときとか、ピンポイントでちょっと塗りたいときに大活躍してくれました。

そうそう、攻めすぎたときも机にのりついちゃうんですよね。

パッケージには

  • 転がらない
  • 角を塗れる
  • 端を塗れる

と書かれている三角形のスティックのり。

2本セットで売ってるので、なかなかお得です。

楽譜やスコアの製本が大量にあるときにも役に立つかもしれません。

ダイソーへ行ったら、ぜひ探してみてください!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。