『音階練習と指番号』コントラバスが「基礎合奏」に参加する上で大切なこと。

明日のためのレッスンノート2020(vol.3)

吹奏楽におけるコントラバスへの理解と発展を願って春まで更新。

「明日のためのレッスンノート」

2020年のテーマは「新入部員がやってくる、でもその前に!」

新年度になって先輩になる前に、吹奏楽部でコントラバスを弾くために知っておきたい大切なことを伝えていきます。

今回のテーマは「音階練習」

とっても大切な基礎練習だけど、いろいろな学校にレッスンへ行って「もったいない!」と感じることがある練習なので、今回のテーマは音階練習。

「音階練習」で大切なこと

基礎合奏の中での音階練習で大切なことはたった一つ。

フィンガリング(指番号・運指)を記入すること。

「コントラバスの運指表に基づいた12のポジション」と音の並びが全て頭に入っているのであれば、ここはスルーしても大丈夫です。

だけど「コントラバスの運指表に基づいた12のポジション」と言われて少しでも頭にハテナが浮かんだ人は、ちょっと手間をかけてでも指番号を記入してみてください(超おすすめ!)

指番号は前回のノートで学んだ通りだけど、一度復習しておこう。

後輩が入ってくるまでに覚えておきたい大事なポイントです。

コントラバスの弦を押さえる「指番号」の覚え方

コントラバスの弦を押さえる指番号は

  • 人差し指=1
  • 中指=2
  • 薬指=3(小指の補助)
  • 小指=4

となって、吹奏楽曲で出てくる音域ではほぼ3の指は登場しません。
3の指は小指の補助をしていて4の指とセットで動くようになるというところがポイント。

最初は指が上手くコントロールできずに、押さえているはずの指が浮いてしまったり今どの指で押さえているのかがわからなくなってしまうことがあるから注意。

だから、コントラバスの指番号を覚えるときはこんな感じで覚えるのがおすすめ。

  • 人差し指は、1の指は2本で押さえるから1
  • 中指は、2の指は2本で押さえるから2
  • 小指は4本で押さえるから4

もちろん、一緒に2本の弦を押さえて重音を弾いたり、同じポジション内で次の音をどれかの指が先に押さえるなど例外は多くあるけれど、まずはこの覚え方で基礎を固めていくと良し。

基礎合奏の音階の楽譜に「指番号」を書き込む

ここまで押さえて、今回僕が一番伝えたいのはここ。

基礎合奏の音階の楽譜にも「指番号」を書き込むこと。

吹奏楽部で使われている「基礎合奏教本」の楽譜にはコントラバスのボウイングやフィンガリングが書かれていないことが多いです(ほとんど書かれていない)

だけど、ここに自分が指番号とボウイングを書き込むことで楽譜に必要な情報を書き込むことが習慣化され、辿り着くところは楽器の演奏技術の上達です。

実際、コントラバスの基礎練習をしているときは弦を押さえるフォームを作って弾けているけど、基礎合奏の曲になると左手のフォームが崩れてしまうということを見てきました。

  • 音階
  • 分散和音
  • ハーモニー練習
  • リズム練習

ここに弾きやすいボウイングと指番号を付けていく。

もちろん「正しい答え」はないので、自分が弾きやすいと思う指番号やボウイングでOKです。

特に管楽器と同じ長いスラーで書かれている場合、弓が足りなくなるのでどこで返すかを考えていくことも大切な作業でこれは曲を弾くときにも生きてくる。

なので、基礎合奏の楽譜にも必要な情報を書き込むということにぜひトライしてみよう。

「正しい答え」はないからベストを考える

先ほども書いたように、ボウイングやフィンガリングに正解はありません。

例えば課題曲のマーチの頭打ちを全部ダウンで弾いたりしたらおかしいけれど、弾きやすければ基本的にはOK。

もちろん先生によって考え方も違うから、ある先生から習ったボウイングを他の先生から直されることはある。でも、基本的に「その人にとっての最善」であってこれが正解ではないってことを覚えておくと良し。

だからこそ、楽譜に必要な情報を書き込むことを習慣化させて考える力をつける。

これやるだけど、譜読み早くなるし最終的に楽器の演奏技術の向上に繋がってくるはず。

「コントラバスの教則本」を参考に書き込んでいく

基礎合奏の楽譜への書き込み、まずはコントラバスの教則本を参考に書いていくのがおすすめ。

書いているうちに、効率の良い取り方がわかってくるからまずは教本を参考にしてみよう。

朝練コントラバスが学校にある人

新版の朝練だと18pにあるような指番号付きの音階練習を参考にしてみよう。

目標は弾いている音よりも先のフィンガリングを頭で描けるようになること。

シマンドルや「HIYAMAノート」が学校にある人

シマンドルであれば10pにF-dur(ヘ長調)やB-dur(変ロ長調)の音階が載っていて、次のページにはG-dur(ト長調)の音階が書かれている。

こうやって、各ポジションで弾ける音階が書かれているので参考にしてみよう。

HIYAMAノートを持っている人は23pにF-dur(ヘ長調)27pにB-dur(変ロ長調)が載ってる。

「コントラバスの教則本はあるけど、どうやって使えばいかわからない」と言う声が届くときもあるけど、今の自分に必要なところを部分的に取り上げるという視点を持っておくのも大切だ。

特に、部活動は練習時間が限られているからこそ練習の効率化を考えてみよう。

まとめ

今回のテーマは音階練習。

基礎合奏の教本にはフィンガリングもボウイングも書かれていないから、基礎練習のときに出来ている左手のフォームが基礎合奏になると崩れてしまうことが多い。

なので、基礎合奏の楽譜にも自分でボウイングや指番号を記入していく必要がある。

こうした作業をすることで、必要な情報を書き込むことが習慣化されるので考える時間も増え最終的に楽器の演奏技術向上に繋がるようになる。

ここを押さえて毎日の基礎合奏に取り組んでみよう。


レッスンノートで使用している教則本はこちら

神奈川県にある音楽教室「平山音楽院」でコントラバスの講師を務めています
体験レッスン実施中!

平山音楽院のホームページはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。