本日の部活を終えて娘が自信たっぷりに 『ピッチカートが出来るようになったよ!』っと言っていました。中学生/女性/吹奏楽部

3年生になってフルートからコントラバスに楽器が変わったという吹奏楽部の子のお母様からメッセージをいただきました。これまで2年間続けてきたフルートからコントラバスになるというのはとても大変な状況だったと思います。

フルートで吹くとどんな感じ?息の量が弓の量。

これまでの経験をベースに目標に向かって一緒に進んできました。


コントラバス研究室「BASSROOM」
へお越しいただいありがとうございました!
レッスンの感想・メッセージをお聞かせください。
井口をどこで知りましたか?
レッスンを受けようとしたきっかけは?
実際に受けてみた感想。感じた変化、などなど・・・
どんなことでもかまいません。
レッスンの感想・メッセージをお聞かせください。

 

レッスンの感想

1.2年生はフルートをやっていて
3年の4月からコントラバスを任せられ
娘も私も途方に暮れていた時に
検索サイトで井口さんを見つけ
レッスンをお願いしました。

コンクールまで2ヶ月ちょっとしか無い中で
基礎から課題曲、自由曲まで
真剣に教えていただきました。

初めは構え方さえも分からず
弓の持ち方も曖昧、音もずれていたり…

初回レッスンの5月には
不安しかありませんでした。

しかし、その後もレッスンを重ね
部活の方にも来ていただき
娘も練習の仕方が分かってからは
とても成長が早くびっくりしました!

つい先日の最後のレッスンでは
コンクールに間に合うほど
仕上がっていたのでとても安心しました!

井口さんもご自身の仕事がお忙しい中で
夜遅くまでレッスンしていただいたりして
本当に感謝しております。

ありがとうございました!


レッスンを終えて

いきなり別の楽器に変わって誰も教えてくれる人がいないという状況はとても大変だったことが想像できます。

問い合わせて来てくださってありがとうございました。

お母様と2人で遠方から熱心に通われ、これまで4回のレッスンを終えてコンクールメンバーにもなって練習に励んでいます。

最後に「課題曲」を弾いている姿は立派なバス弾きでした。

本日の部活を終えて娘が自信たっぷりに  『ピッチカートが出来るようになったよ!』っと言っていました。

というメールには胸が熱くなりました!

音楽を通してまたどこかで会えることを楽しみにしています。

これからも良い音楽を!

ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。