これからも「あそこに行けばなんか楽しい話が聞ける」と思えるようなコミュニティを作っていきたい。初の試みとなった「中高生限定オンライン雑談会」を終えて。

僕の主宰しているオンラインコミュニティ『コントラバス研究室BASSROOM』内で、オンライン雑談会というオンラインで繋がってお話ししたり、配信を聞くようなイベントを立ち上げました。

これまでは、僕が一人で喋ってコメントや質問がきたらそこに返答するという流れでしたが今回は初の試みとしてゲストを迎え対談形式での雑談会。

そして!僕の元には中高生からコントラバスの奏法に関する質問や相談が届くことが多いので、今回は中高生を対象にしたコントラバス奏者同士の対談というスタイルに挑戦しました。

吹奏楽を愛するコントラバス奏者同士の対談

今回はブラス・エクシード・トウキョウのコントラバス奏者である後藤桃ちゃんをゲストにお迎えして「吹奏楽×コントラバス」をテーマに対談。

対談と言っても真面目に話をするのではなくて、二人でカフェでお茶をしながら音楽の話をしているような雰囲気での対談。

スターバックスやドトールコーヒーのようなカフェに立ち寄ったら隣がプロの音楽家で、聴こえてくる音楽トークに耳を傾けてしまったというような感じの雰囲気をイメージしていました。

楽器弾いたり音楽トークしたり脱線したり

今回は1時間の雑談会を予定していましたがボリュームたっぷり1時間30分の会になりました。

もちろん途中退室や途中参加もOK。
何か挨拶する必要もありません(好きに入って好きに抜ける)

課題曲の話になって疑問に思ってた部分を弾いてみたり、実はプロでも不安に思う部分が色々ある(このフラジオどこ?)ってところを実演してみたり、エレキベースの構え方の話も出ました。

「吹奏楽の中でベースを弾くときのボリュームはどうしてる?」とか「家で弾くときにアンプあったほうがいいよね」って話など、話をしている方も面白かったです。

オンライン上に「ちょっとした楽しみ」を作りたい

配信の中で何度か話しましたが、こうした雑談会を通して「◯◯を伝えたい!」とか「教えてあげたい!」って気持ちはほとんどなくて「なんかあそこに行けば楽しい話が聞ける」みたいなコミュニティを作っていきたいと思っています。

「楽器が演奏できない今こそ◯○をしよう!」みたいな場所ではなく「何をすれば良いかわからない」って投げてくれた質問に対して「こんなのよくね?」って答えるような場所。

なので、ぜひみんなの声を聞かせてください。
今回お昼に設定したのも「夜はスマホにあまり触れないからお昼にできますか?」って声でした。

結果、お昼にやって大成功でした(ありがとう!)

『コントラバス研究室BASSROOM』は今後もメンバーから届く声をベースにいろいろな企画を作っていきたいと思います。

次回、オンライン雑談会は参加枠を元に戻して「課題曲について語る会」や「コントラバスの基礎練習について語る会」を開催します。

今回の配信を通して、僕一人で喋るよりも相手がいたほうが面白いと思ったのでまた誰かとお話をしていく予定なので、こちらもお楽しみに。

それでは、今回参加してくださった皆さまありがとうございました!


『コントラバス研究室BASSROOM』は「LINE公式アカウント」というサービスを使用したコントラバス奏者・吹奏楽指導者の井口信之輔が主宰するオンラインコミュニティです。

特に決まった活動はしておらず

  • メールマガジン「BASSROO通信」の配信
  • チャット機能を使用した1:1の質問・相談
  • ビデオ通話ツール「Zoom」を使用したオンライン雑談会の開催

などを行っています。

またレッスン、オンラインレッスンや楽器や弓の選定の相談も承っています。

参加はお友達登録で!

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。