つぶやき

楽器をやめるときに思うこと。親子コンサートを企画する会社が発行するメールマガジンへ寄稿させていただきました。

何かを始めたら、どこかで区切りをつける時がくるかもしれません。 それは習い事から部活動やサークルでの活動、大人になってからの趣味でも同じで、卒業・進学・就職・転勤などいろいろな節目で経験することだと思います。 僕はコント…

頭の中

自信がない人にこそ伝えたい!アマチュアオーケストラのレッスンで感じた勇気を持って演奏することの大切さ。

先日、アマチュアオーケストラのレッスンへ行った際に、とある一言をかけたら音がガラリと変わったという体験をしました。 何か特別なことをしたわけでもなく 「ビビディ・バビディ・ブー!」 と魔法をかけたわけでもありません。 &…

頭の中

クラシックコラムサイト『COSMUSICA』〜みんなで選ぶ名曲選!にて僕のオススメの曲を紹介していただきました!

ブログを使って発信をするようになってから、色々な人のブログを読んだりTwitterをフォローするようになりました。 音楽家以外のブログを読むことで視野も広がるし、文章の構成やどういった書き方をすれば読み手に伝わりやすいの…

吹奏楽

キーワードは引き出しを持つこと!吹奏楽部のレッスンで「先生によって言ってることが違う」と思った時の考え方。

複数の指導者から違うアドバイスをもらった時、どれが正しくて何を信じて良いかわからなくなるときありますよね。 「A先生にこう言われたのにB先生は違うことを言っていた」 「C先生はこうしろって言っていたのですが…」 特に合奏…

レッスンを受けてくださった方の声

本日の部活を終えて娘が自信たっぷりに 『ピッチカートが出来るようになったよ!』っと言っていました。中学生/女性/吹奏楽部

3年生になってフルートからコントラバスに楽器が変わったという吹奏楽部の子のお母様からメッセージをいただきました。これまで2年間続けてきたフルートからコントラバスになるというのはとても大変な状況だったと思います。 フルート…

楽曲の紹介

演奏会のオープニングから自由曲まで!E・ハックビー/アクラメーションズがかっこよすぎた。

吹奏楽コンクールに向けたレッスンで色々な学校へ行くこの時期の楽しみがまだ知らない作品にたくさん出会えること これに尽きます。 レッスンへ行く際には事前に曲を知って聴いたりしていますが、そうやって自身も曲への興味が湧けば教…

吹奏楽

バンド指導にも役に立つ!日本で「音楽用語」として使われる言葉をイタリアの日常会話を使って解説した本を読んで

吹奏楽部を指導していて「楽譜に書かれているこの言葉の意味わかる?」 と問いかける時があります。 逆に、問いかけられてドキッとする時もあります。笑 楽譜に書かれている速度・表情・奏法・強弱など様々な標語は音楽用語事典を調べ…