活動記録

多重録音にチャレンジしてみたら思った以上に面白かった。

今日から新年度。

昨年度の始まりは環境の変化に期待と不安がいっぱいでしたが今年度はこれまでいただいたご縁を大切に、一つ一つの場所で自分のできることを全力で還元していきたく思っています。

さて、昨日は初めて多重録音にチャレンジしていました。

頭の中で「こんなことできたらかっこいいな!」と思っていたことを実現してみようとアプリをダウンロードするところからはじめて録音。

何となく描いていたものに近いものが取れたので早速YouTubeにアップしてみました。

コントラバスが奏でる吹奏楽の名曲シリーズ

昨日は僕の大好きな吹奏楽作品の一つ、スティーブン・ライニキーの「鷲が舞うところ」という曲をアップしました。

この曲は指揮者を務める「よこはま月曜吹奏楽団」の演奏会のオープニングを飾った曲です。

方法としては手元にあるスコアを元に楽譜に起こしてコントラバスで弾く。

それだけなのですが「コントラバスで弾く」というところが難しいのそこは練習です。

これから好きな吹奏楽作品をどんどんアップしていこうと思います。

YouTubeのチャンネルを開設して2週間が経ちました。

最初は音声ラジオとして活用していましたがこれからは演奏動画もアップしていくので楽しんでいただけたら嬉しいです。

良かったら、チャンネル登録よろしくお願いします。

また、先日「musicpro」さんの動画でもコントラバスを弾いていました。

良かったら聴いてみてください。

明日はまた多重録音にチャレンジしてみようと思います。

それでは、また!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イグチシンノスケ

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事。よこはま月曜吹奏楽団指揮者。板橋区演奏家協会理事。ルロット・オーケストラ、ブラスエクシードトウキョウメンバー。

-活動記録

© 2021 BASS ROOM Powered by AFFINGER5