日記

次のキャリアを考える。

コントラバス奏者、吹奏楽指導者の井口信之輔です。

まずはお知らせ!

井口コントラバス教室のオンラインショップがリニューアルしました。

また、部活動でコントラバスを弾く中高生限定のオンラインレッスン『中高生応援プラン』を準備しています。学校でした楽器が弾けない、スマホが持ち込めない中学生に向けてメールでのやりとりに特化したオンラインレッスン。

LINE公式アカウントで現役の中高生の声を聞き、どんな形が良いかを考えていきます。

興味のある人は何らかの手段で僕にメッセージを送ってください。

詳しくはコチラ


そして!指揮者を務める『よこはま月曜吹奏楽団』が秋の演奏会に向けて期間限定メンバーを募集しています。

入団という形を取らず、指定された練習日に参加していただき一緒に演奏会を迎えます。

詳しくは、楽団ホームページまたは公式Twitterをご覧ください。

楽団のホームページはコチラ

コンクール指導がひと段落して

夏の吹奏楽コンクールの指導がひと段落し、またコントラバスを車に積み込みリハーサルへと行く日々が戻ってきました。

まだ次の大会に向けたレッスンを予定していますが、今年の夏はとても充実したものでした。

そして、レッスンを通し今後のキャリアを考える良い機会にもなりました。

この先どうする?

秋からは演奏会の予定が増え、去年と同じようなスケジュールになるかと想定していましたが、昨今の状況を見ると去年みたいに秋頃から状況が落ち着き仕事が忙しくなってくるというような期待は抱かない方がいいなと感じました。

むしろ、この状況は数年続くから時代にあった活動スタイルを考えとにかく動く、行動する。

正直、ここに乗っていけないとこの先厳しいと感じています。

スキルの掛け算で活動面積を増やし収入を安定させ、併せて自分が次のステージに立つ準備をし、ここだと決めた場所で結果を出す。

今考えているのは

  • オンラインでの活動をもう少し広げる
  • 定期的な収入が得られる仕事の機会を新しく作る
  • 音楽の仕事以外での収入を得られるようにする

ここで押さえておきたいのは、基本的に人とは会えないと思った方がいいということ。

この状況でどうする?というところを考えていきます。

秋からは忙しくなるだろうと思ってしまう自分に喝を入れ、しっかりと自分が描く道を極めていきたいと思います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イグチシンノスケ

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事。よこはま月曜吹奏楽団指揮者。板橋区演奏家協会理事。ルロット・オーケストラ、ブラスエクシードトウキョウメンバー。

-日記

© 2022 BASS ROOM Powered by AFFINGER5