『平日休みでも、吹奏楽がやりたい!』よこはま月曜吹奏楽団合奏イベントレポ。

「平日休みでも、吹奏楽がやりたい!」をコンセプトに活動している、よこはま月曜吹奏楽団(以下、月吹)が神奈川県横浜市にある「かなっくホール」で合奏イベントを開催しました。

平日の夜に楽器を持ってホールに集まってみんなで演奏しよう!という企画。

久しぶりに楽器を吹く人も、楽団に入りたいけど時間がなかなか取れない!って人も大歓迎。

昨日は月吹メンバーをはじめとして総勢40名を超える仲間が集まり大合奏を楽しみました。

さあ、みんなで大合奏!

合奏イベントは定刻通りスタート。団長の挨拶を経てチューニング、そしていきなり大変な曲がやってきました「ディズニーヴィランズ・メドレー」

ディズニーの悪役たちが主役になって、不気味に姿を変えたファンティリュージョンのテーマがまずは映画「アラジン」の世界へとご案内。そして次に聴こえてくるのはホーンテッドマンションのお化けたちが歌って踊る「グリム・グリニング・ゴースト」月吹の第2回演奏会を思い出します。

最後の変拍子に苦戦して、コツをつかんであっという間に曲が出来上がり。

次に演奏した「パプリカ」は指揮者体験コーナーを設けたり「さくらのうた」や「あんたがたどここさの主題による幻想曲」は去年の演奏会を思い出させてくれました。

いつもの月吹、いつもの雰囲気。

よこはま月曜吹奏楽団の魅力といえば、のびのびとした雰囲気。

この空気を感じてもらいたくて、いつもの月吹と同じように合奏をしてお話をして練習をしました。楽譜に線を引いたり、集合ポイントを決めたり歌詞のようにフレーズを歌ってみたり、練習の中で「いいね!」と思った練習方法があったらお土産に持って帰ってください。

楽団の歩みがひと目でわかる「月吹ギャラリー」

ホールの入り口、そしてロビーには楽団のデザインチームが手がけてくれた過去のパンフレットなどなどを飾って月吹の歩みがひと目でわかる「月吹ギャラリー」が登場。

遊び心と大人の本気。

今回のチラシもこんなのたくさんの案があったようです。

合奏イベントを終えて

「月吹の練習はあっという間に終わっちゃう」

合奏中にも話したんですけど、楽しい時間はあっという間なんですよね。

最後は記念に写真撮影をしておしまい。

合奏イベント、お楽しみいただけましたか?

よこはま月曜吹奏楽団は一緒に演奏を楽しむ仲間を募集しています。

もし、興味があったらぜひ見学に来てくださいね。

よこはま月曜吹奏楽団のホームページはこちら!

おわりに

去年はスタジオでやった合奏イベントが今年はホールでできる、そしてまた月吹のメンバーと一緒に合奏ができたのが何より嬉しかったです。

イベント開催にあたり企画を立ち上げ去年から準備をしてくれていたみなさん、ありがとうございました!早速、各方面から楽しかったとの声をいただいています(嬉しい!)

また、みんなで合奏しましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。