コントラバスはポジションの習得が上達への近道。今週は音の階段を一つ上って「第1ポジション」

吹奏楽におけるコントラバスへの理解と発展を願って毎週更新『明日のためのレッスンノート』

今年もこれまでと変わらずパートは自分一人だけ、周りにコントラバスを教えてくれる人がいないという環境で練習に励む人たちへ向け「胸を張って先輩になる」ことを目標に書いていきます。

吹奏楽という言葉が多く出てきますが、オーケストラ部や弦楽合奏、ギターマンドリンなどコントラバスが編成に入っている音楽系部活動の人に向けても伝えていきたいというのが僕の思い。

アンサンブルを楽しむ中でコントラバスを弾くために知っておきたい最低限の基礎・基本を書いていくので、良かったら一緒に勉強していきましょう。

今日のお話は「第1ポジション、そして第3と第4の中間ポジション

とにかく「ポジションの習得」と「フィンガリング付き全調スケール」をセットで取り組んでいくのが上達への近道です。

音の並びを確実に覚え、より良い音程、より豊かな響きでバンドを支えていけるように一緒に頑張っていきましょう。

わからないことがあれば、いつでもDMやLINE公式アカウントから質問してください。

今週はハーフポジションから音が半音高くなった、第1ポジションを解説していきます。

第1ポジション(ファーストポジション)とは

コントラバスの教則本で、ハーフポジションを覚えたら、次に覚えるポジションとして解説されるのが第1ポジションです。

ハーフポジションから音が半音上がったところからスタートし、1の指はハーフポジションの2の指の位置、つまり各弦の開放弦の音から全音上がった位置にセットします。

教則本の10ページを参考に、各弦の音の並びは

  • G線(ソ)…ラ→シ♭(ラ♯)→シ
  • D線(レ)…ミ→ファ→ソ♭(ファ♯)
  • A線(ラ)…シ→ド→レ♭(ド♯)
  • E線(ミ)…ファ♯(ソ♭)→ソ→ラ♭(ソ♯)

となります。

第1ポジションを弾いてみよう!

左手の形を崩さず、弓と弦が直角になっているかを確認して音を出してみましょう。

まずハーフポジションを作り、2の指の位置に1の指を持ってきます。

  • 元気よく音を出す
  • 次は弓を全部使って弾いてみる

音程が定まらないときに探りながら弾いていると、いつまでたっても良い音程は作れません。

まずは思いっきり音程を外しても元気良く弾くこと。

そして、次に弓を全部使って見いてみたり、弓の配分を考えて弾いてください。

ピアノと合わせてより良い音程作り

個人練習の時間、またはパート練習の時間を使って、毎週アップしている楽譜をピアノやハーモニーディレクターで弾いてもらうとより良い練習ができるでしょう。

これは実際に僕もレッスンでやっている練習方法です。

ぜひチャレンジしてみてください。


チューナーを活用しながらピアノと合わせる

友達にピアノやハーモニーディレクターで音程を取ってもらいながらポジションを覚えていく練習をしていきます。

空いている時間に「ちょっとピアノ弾いて!」と部活の仲間に声をかけてみましょう。

そして、この楽譜を一緒にピアノで弾いてもらいます。

このとき、チューナーもしっかりと準備して、自分が出している音程とピアノの音程が合っているか、チューナーを見ながらチェックしてもOKです。

まだ弦を押さえることに慣れていない人は段々と音程が下がってくる傾向にあるかもしれません。

チューナーを見ながらで良いので、自分の癖を見つけてみよう。


チューナーを外してみる

「音程はチューナーを使わずに耳で合わせるべき」というのが理想ですが、はじめはチューナーを使ってOKです。そして、チューナーを使って音程が合ってきたら、ここで初めてチューナーを外してピアノの音と自分の音程の高低差を耳で判断して合わせる練習をしてみます。

まずは自分の癖を知って、そここから耳で合わせていくことを習慣化させていきましょう。

チューナーは使いたければ使えばよし、使わなくてもよし。

自分の耳で音程の高低差を判断できるように自分の耳を育てていきます。


テンポはゆっくりから「良い音」で弾く

テンポはゆっくり、ひとつひとつの音を丁寧に、良い音で弾いていきましょう。

弓の位置、左手の形を気にしながらひとつずつ音を大切に弾いてください。

ピアノと音合わせる練習は、より良い音程感覚を磨くためにとてもおすすめな練習です。

こうした練習を習慣化ていくことで、各ポジションをしっかりと覚えていってください。

手が小さい人は「第3と第4の中間ポジション」へ

ハーフポジション、第1ポジションと音の階段を上っていきますが、手が小さい人は先週「第4ポジション」に触れたので、一つ階段を下り「第3と第4の中間ポジション」に移動してみましょう。

第3と第4の中間ポジションの押さえ方

教則本の14〜15ページを参考に

  1. 第4ポジションを作る
  2. 第4ポジションの2の指(中指)の位置に4の指(小指)を置く

この流れです。

少し音程の取りにくいポジションですが、まだ指の幅は狭いのでチューナーを使ったりピアノと音を合わせながら調整してみてください。

おわりに

『明日のためのレッスンノート』今週は、コントラバスの運指表に基づいた12のポジションより「第1ポジション」そして「第3と第4の中間ポジション」をテーマに進めてきました。

毎日少しづつで構わないので、ポジションを覚える時間を作ってみてください。

今週も、練習おつかれさまでした!


明日のためのレッスンノートはコントラバスという楽器を手にしたけれど、パートは自分一人だけ、周りにコントラバスを教えてくれる人がいないという環境で練習に励んでいる人たちに向けて書いています。

教則本は全ページ公開しているので、ぜひお役立てください。

コントラバスに関する質問、相談はLINE公式アカウントで受け付けています。

 


コントラバス奏者・吹奏楽指導者 井口信之輔からのお知らせ

吹奏楽指導者としての経験とノウハウを詰め込んだコントラバスの教則本

『明日のためのレッスンノート』全ページ公開中!

ダウンロードはこちらから

全国どこでも繋がれる!「月額制×回数自由」の動画アドバイスレッスン 

演奏動画や録音にコメントや参考演奏をメールで送りアドバイスをするスタイルのレッスン。動画や録音はスマホでOK。特別は機材は必要ありません。

月額4,000円で回数自由。コメントが欲しいときに動画や録音、質問相談送ってください。

動画アドバイスレッスンの申し込みはこちら!

※銀行振り込みも承っています!希望の方はメッセージでお知らせください。

動画アドバイスレッスンのチケット販売ページへ行く


実際に使っている練習グッズ

駒につけて合奏中のチューニングも楽!(マジで)

リズムパターンを工夫してメトロノーム機能が大活躍!

テンポを視覚的にキャッチするなら振り子式メトロノーム

クリック音が心地よいWittnerのメトロノーム

楽譜書き込み用、プロ奏者御用達の4B鉛筆

おすすめの松脂

初心者におすすめの松脂「ポップス」音色は明るめ引っかかり良し

柔らかいので夏場は要注意!

併せて読みたいコントラバスの教則本

世代を超えて愛されてきたコントラバスの教則本

初心者におすすめしたい教則本といえばこの一冊

持ち運びやすくどこでも読める!楽器の知識を身につけるのにおすすめ

ABOUTこの記事をかいた人

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。