活動記録

夏のコンクール指導。駆け込みレッスンだって大歓迎!

おはようございます。

コントラバス奏者、吹奏楽指導者の井口信之輔です。

まずはお知らせ!

井口コントラバス教室のオンラインショップがリニューアルしました。

また、部活動でコントラバスを弾く中高生限定のオンラインレッスン『中高生応援プラン』を準備しています。学校でした楽器が弾けない、スマホが持ち込めない中学生に向けてメールでのやりとりに特化したオンラインレッスン。

こちらは現役の中高生の声も聞きたいので興味ある方「◯◯があったら嬉しい!」という声を送ってください。

詳しくはコチラ


そして!指揮者を務める『よこはま月曜吹奏楽団』が秋の演奏会に向けて期間限定メンバーを募集しています。

入団という形を取らず、指定された練習日に参加していただき一緒に演奏会を迎えます。

詳しくは、楽団ホームページまたは公式Twitterをご覧ください。

楽団のホームページはコチラ

駆け込みレッスンだって大歓迎!

先日、「急ですが、どこか来れますか?」というメールがありました。

本番まであと数日というところでのレッスンですが、こうした依頼も大歓迎です。

コンクール数日前だと、教える側が良かれと思ったアドバイスで相手を混乱をさせないこと。

ボウイングやフィンガリングなど奏法の大きな変更は、生徒とコミュニケーションをとりながら様子を見つつ、先生から何を変えていきたいかお話を伺いながらやっていきます。

弦をギュッと握ってしまっている

課題曲のマーチの頭打ちのボウイングがアップ→ダウンになっていたりする

これは弾きにくいぞと思うボウイングで弾いている

こうした状態でも、まずはそのまま進めて本当に改善が必要だと判断した部分だけ調整

なぜ改善するのかを説明した上で変えていきます。

ちょっとの「できた」が自信に繋がる

駆け込みレッスンの場合、生徒がたくさん考えて一生懸命練習して、それでもわからない部分を一緒に考えていくことが多いので、受け取った悩みにプロのコントラバス奏者というフィルターを通して考えてみると、割とすぐ解決策が浮かんできます。

そこを一緒に考え「こんなのどう?」と提案していく。

そこで起きた小さな変化を確実に相手に伝えることで、安心そして自信に繋がると思っています。

ちょっとのできたが自信に繋がる。

自信が生まれたら、楽器を弾くのがもっと楽しくなる。

コンクール当日まで、各学校可能な限りサポートしていきます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イグチシンノスケ

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事。よこはま月曜吹奏楽団指揮者。板橋区演奏家協会理事。ルロット・オーケストラ、ブラスエクシードトウキョウメンバー。

-活動記録

© 2021 BASS ROOM Powered by AFFINGER5