明日のためのレッスンノート

知識があれば、高い音は難しくない。コントラバスの運指表に基づいた12のポジションより「第3と第4のポジション」

吹奏楽におけるコントラバスへの理解と発展を願って毎週更新『明日のためのレッスンノート』

2021年もこれまでと変わらず

  • パートは自分一人だけ
  • 周りにコントラバスを教えてくれる人がいない

という環境で練習に励む人たちへ向け、胸を張って先輩になることを目標に書いていきます。

吹奏楽という言葉が多く出てきますが、オーケストラ部や弦楽合奏、ギターマンドリンなどコントラバスが編成に入っている音楽系部活動の人に向けても伝えていきたいというのが僕の思い。

アンサンブルを楽しむ中でコントラバスを弾くために知っておきたい基礎・基本を書いていくので、一緒に勉強していきましょう。

今回紹介するポジションは第3と第4の中間ポジション

吹奏楽作品でも多く出てくるポジションで高い音が苦手という部類に入るところです。

だけど、音の並びを知識と身体で覚えたらきっと大丈夫。

今週も頑張っていきましょう!

コントラバスの12のポジション〜第3と第4の中間ポジションとは?

今週覚えていくポジションは第3と第4の中間ポジション

まずは、第3と第4の中間ポジションの音列を覚えていきましょう。

  • G線(ソ)…→レ♭(ド♯)→レ(ドx)→ミ♭(レ♯)
  • D線(レ)…ラ♭(ソ♯)→ラ(ソx)→シ♭(ラ♯)
  • A線(ラ)…ミ♭(レ♯)→ミ(レx)→ファ(ミ♯)
  • E線(ミ)…シ♭(ラ♯)→シ(ラx)→ド(シ♯)

※ xはダブルシャープとしています。

ここがポイント!少しずつ狭くなる指の幅

まず、これまでの復習!

コントラバスの運指表に基づいた12のポジションとして、まず最初にハーフポジションを覚えました(手が小さい人向けには第4ポジションを紹介)

ハーフポジション

一番初めに覚えるポジションだけど、弦を押さえる指の幅が広く、実はとても難しいポジション

 

ポジションが進んでいくと?(第1ポジション、第2ポジション)

音が高くなるにつれて、音と音の幅は少しずつ狭くなっていく(なので、今回は手の小さい人は押さえやすい第4ポジションからスタートしています)

 

ここをきちんと押さえた上で第3と第4の中間ポジションの話をすると、ポジションと指の幅の関係が理解できていくと思います。

今回、特に注意したいのが2の指と4の指の間隔。

1の指と2の指に対し、2の指と4の指の間隔はかなり狭くなってくるので、音の並びを覚える際に注意して練習してください。

D線以下の弦は、ハーフポジションと同じ音列

第3と第4の中間ポジションはD線以下の音列がハーフポジションと同じ音であることを覚えておくと良いでしょう。

過去の課題曲を振り返る

過去の吹奏楽コンクールの課題曲で例を挙げると、2017年度課題曲2番「マーチ・シャイニング・ロード」は最高音が第3と第4の中間ポジションのミ♭(Es)の音。

同年の課題曲3番「インテルメッツォ」も第3と第4の中間ポジション付近の音が多く出てきました。

毎年、吹奏楽コンクールの課題曲ではポジションの横の関係を知っていると、とても演奏しやすくなるところがたくさんあります。


このように、第3と第4の中間ポジションは吹奏楽でもよく使われる音なのでしっかりと覚えていきましょう。

初心者の方に、音が高くて難しいと相談される音域もこのポジション付近です。

パッと見た感じ音が高いなと思った音域も、ポジションをひとつずつクリアし音の階段を登っていけば大丈夫です。

自分のペースで、一つ一つ丁寧にクリアしていってくださいね。

レッスンノートを毎週読んでくれて実際にやってみてくれたら大丈夫。

ポジションを覚える流れはこれまでと同じ!

ポジションの覚え方はこれまでと同じで、各弦での音の並びを確実に覚えていってください。

そして、全長スケールの楽譜を使って今の自分が弾けるポジションのスケールを見つけて積極的に取り組んでいくことで確実にポジション感覚を身につけていきましょう。

おわりに

『明日のためのレッスンノート』今週は、コントラバスの運指表に基づいた12のポジションより第3と第4の中間ポジションの解説をしてきました。

学年がひとつ上がる前に、コントラバスの運指表に基づいた12のポジションを確実に覚えていきましょう。

次回『明日のためのレッスンノート』は第4ポジションへと進んでいきます。

全ては日々の積み重ね、継続は力なりです。

また一緒に頑張っていきましょう!

コントラバス奏者・吹奏楽指導者 井口信之輔からのお知らせ

吹奏楽指導者としての経験とノウハウを詰め込んだコントラバスの教則本

『明日のためのレッスンノート』全ページ公開中!

明日のためのレッスンノートはコントラバスを弾いているけどパートは自分一人だけ、周りにコントラバスを教えてくれる人がいないという環境で練習に励んでいる人たちに向けて書いています。

ダウンロード、プリントは自由。

  • 部活動や自宅での練習
  • 吹奏楽部をはじめとした音楽系部活動を指導をする上での資料

など、いろいろな場面でお役に立てると確信しています。

どうぞお役立てください!

明日のためのレッスンノート.pdf

コントラバスの質問、相談はLINE公式アカウントで受け付けています。

お友達登録はご自由に!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イグチシンノスケ

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事、指揮法を川本統脩氏に師事。現在、昭和音楽大学合奏研究員、ブラス・エクシード・トウキョウ メンバー。また、日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザーの資格を持つ。

-明日のためのレッスンノート

© 2021 BASS ROOM Powered by AFFINGER5