日記

ルロット・オーケストラ東大和公演『楽器の国のフシギな舞踏会』満員御礼ありがとうございました!

昨日はコントラバスを弾いている『ルロット・オーケストラ』の演奏会でした。

『ルロット・オーケストラ』は楽器作りワークショップや芸術鑑賞会、地域のホールでの親子コンサートなどさまざまな場所で音楽を届けています。

昨日は楽器の国のフシギな舞踏会というタイトルのコンサート。

楽器の国で行われるフシギな舞踏会に招待されたというテーマで音楽を届けてきました。

来場者数も定員に達し、満員御礼での公演!

ルロットってやっぱこうだよね!と思うような楽しいコンサートでした。

あっと驚く仕掛けがたくさん!

ルロット・オーケストラのコンサートといえば、日々の生活で身近にあるものから生まれた創作楽器とクラシック音楽のコラボ。

昨日もフライパンや水道管、そしてトイレの詰まりを解消するラバーカップまでが楽器に大変身。

客席からは驚きの声が聞こえてきます。

親子コンサートから学校の芸術鑑賞会までとにかく人気の創作楽器。

今後も新たな発明品が楽しみです。

楽器の国フシギな舞踏会、次は宮城県での開催!

楽器の国フシギな舞踏会、次は宮城県多賀城市での開催が決定しました。

11月26日(金)多賀城市文化センター小ホールにて開催です。

お近くの方でルロット興味ある!という方は

オンラインチケット(パスマーケット)をお求めいただけます。

ぜひ、一度ルロットの演奏を聴きにいらしてください。

多賀城公演のチケットはこちら!

YouTubeでは、過去の公演のダイジェストが公開されています。

楽器の国フシギな舞踏会、その一部をぜひ覗いてみてください。

ルロット・オーケストラでは学校の芸術鑑賞会や親子コンサートなどへの出演も受け付けています。

詳しくは楽団ホームページよりお問い合わせください。

ルロット・オーケストラのホームページはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イグチシンノスケ

1987年、千葉県生まれ。 船橋市立葛飾中学校管弦楽部にてコントラバスと出会う。 千葉県立市川西高等学校を経て洗足学園音楽大学へ入学。 在学中より「吹奏楽部におけるコントラバスの現状」に着目し多くの講習会に講師として参加。大学卒業後はフリーランスのコントラバス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ楽器製作ワークショップやレコーディングなど多方面での演奏活動をする傍ら、吹奏楽指導者・アマチュアオーケストラのトレーナーとしても活動しており、中でも吹奏楽におけるコントラバスの指導に力を入れている。 これまでにコントラバスを寺田和正、菅野明彦、黒木岩寿各氏に師事。よこはま月曜吹奏楽団指揮者。板橋区演奏家協会理事。ルロット・オーケストラ、ブラスエクシードトウキョウメンバー。

-日記

© 2021 BASS ROOM Powered by AFFINGER5